久々に友人で集まって飲んだ。
結構全国に散り散りになったのに、5人集まれたのはまあ良いほうだ。
居酒屋からカラオケという、学生時代のようなコースを久しぶりにやった。
この仲間内は、結構喫煙者が多い。今回のメンバーでも3人が喫煙者だ。
私もかつては喫煙者だったが、禁煙に成功したので、もう4年ほど吸っていない。
とはいえ、煙草の煙自体が嫌いになったわけでもないので、同じ空間で吸われても気にならないが。
飲んで騒いで、懐かしい話や今の暮らしの話に花が咲いた。
しっかり楽しんで、帰宅。
そこで、改めて匂いが気になりだす。そう、煙草のヤニが服についた匂い。
煙自体は気にならないのに、何故かこれだけは気になるようになっていた。
うちの風呂は入れるまでに20分、少々時間がかかる。
それまでこの匂いはどうしたものかと思ったが、ふと目についたのはよく焚いているお香。甘い香りのやつだ。
もしかしたら案外いけるかもしれない。
早速火を点け、扇風機で煙を自分に当てる。
すると、匂いの不快指数が激減した。
わりと思いつきでもなんとかなるもんだな。